SMASH CABARET Gala Concert 2018

2018/7/1
第1回目から第14回までの優勝者による1日限りのガラ・コンサートを開催しました!

DSCF0528.jpg

見所は、バンドメンバーを迎えた豪華な編成と、毎月のSMASH CABARETでは見ることのできない、グループソング。多方面で活動しているメンバーが集結し、リハーサルと打ち合わせを重ね、本番を迎えました。

お越しいただきましたたくさんの皆様、本当にありがとうございました!

■出演者
高田 朋恵 
建畠 慶子
黒木 界成
佐伯 春彦 
大西 碧 
鈴木 晴絵 
春日 希 
大谷 奈央 
Gini Benson
木戸口 歌穂 
中西 星羅

■バンドメンバー
Keybord 久田 菜美
Guitar 中山 彰太
Bass 山上 玲生
Drums やまだ はるな

■MC
守内宏輝

 

今回コンサートで歌われた全曲を、出演者それぞれのミュージカルに対する思いなどのインタビューと合わせて紹介します。

ACT I

1. There is No Business Like Show Business - Annie Get Your Gun

2. Opening up - WAITRESS

3. Climbing Uphill - LAST 5 YEARS (高田朋恵)

《インタビュー:高田朋恵さん》
第1回SMASH CABARET、夜行バスに乗って大阪からまだ無名のイベントに参加してくれ朋恵さん。どんな思い出がありますか。
「アメリカから帰国後、アメリカと日本の芝居に対する感覚が違い、日本での居場所がないと感じてた。東京で知り合いがほぼいない中SMASH CABARETで優勝した際に、自分のことを知らなくても自分の歌で楽しんでくれる人がいる、私でも歌っていいんだって思えた。お客さんが自分の歌を聴いて、そこから作品に興味を持ってくれたら嬉しい。」

4. Taylor, the Latte Boy by Marcy Heisler and Zina Goldrich (建畠慶子 / 歌詞翻訳:いわもとまーち/March Iwamoto)

DSCF9445.jpg
《インタビュー:建畠慶子さん》
社会人になってから大学通信教育課程を卒業したり、色々なオーディションに参加するなどチャレンジを続けている慶子さんですが、チャレンジし続けるということはどんなことでしょう。
「私はすごく不器用で、今までしなくても良い挫折をたくさんしてきた。でも今思うと、なんでもできる人だったらここまでいろんなことにチャレンジしてなかった。30歳を過ぎると守りに入りたくなるけど、足りない部分がある方が表現者として、魅力が出ると思えた。今では何度も恨んだ自分の不器用さに感謝している。」

5. Let Her Be a Child - A Tale Of Two Cities (黒木界成&佐伯春彦)

36558232_1280033642131979_5381291840873955328_n.jpg
《インタビュー:黒木界成さん & 佐伯春彦さん》
歌からも2人の関係性が伝わってくるかと思いますが、お互いはどんな存在ですが。
「舞台のオーディションで出会い、その後共演をすることが何度かあり、仲良くなった。出会って3年にもかかららず幼馴染のような存在。お互いの人柄とミュージカルに対する熱い想いに引かれあい、信頼し合っている。この人だったらいいものが一緒に作れると思える、そんな関係。」

6. History of Wrong Guys - Kinky Boots (大西碧)

 

《インタビュー:大西碧さん》
ミュージカル女優として存在する上で、大事にしている事は何ですか?
「まだまだ課題もたくさんあるけど、一番大事にしていることは『唯一無二の存在になること』。誰かの二の次じゃなく、ありのままの自分でいること。NYで勉強している際に思ったことは、日本人としてしっかり誇りを持って活動していきたいということ。」
 

7. Found / Tonight by Ben Platt & Lin-Manuel Miranda

 

8. Go the Distance - Hercules (鈴木晴絵)

《インタビュー:鈴木晴絵さん》
歌が大好きな晴絵さんにとって「歌うこと」とは何ですか?
「私にとって歌とは、良き理解者で、もしかしたら家族や友達よりも理解してくれる、なくてはならない存在。話すことが苦手だけど、歌は私の気持ちを代弁してくれている気がして、何でもぶつけられる。本当に大事なもの。」

9. Times are Hard for Dreamers - AMELIE (春日希 / 歌詞翻訳:春日希)

《インタビュー:春日希さん》
パフォーマンスに止まらず、訳詞など多方面でミュージカルに関わっている希さん、ミュージカルとの関わり方を教えてください。
「私にとってミュージカルは「世界地図」みたい。ミュージカルを通していろんな場所や時代に行けたり、キャラクターになれる、いろんなところに連れてってくれるもの。知らない世界を見せてくれるミュージカルをもっとみんなとシェアしたい。翻訳は作品を深く伝える方法の一つ。言葉や音を紡ぎだす瞬間がたまらなく胸キュン。」

10. Wishes On the Wind - Allegiance

 

ACT II

11. My Junk - Spring Awakening

12. What I Did For Love - A Chorus Line (大谷奈央)

 

 

DSCF0067.jpg
《インタビュー:大谷奈央さん》
これから留学する奈央さん、ミュージカルを通して今後やって行きたいことは何ですか?
「ミュージカルは言語はあるけれども、みんなが分かち合えるものだと思っている。今までミューカルを通していろんな素敵な出会いがあった。国境を越えて、好きなものを共有できる時間がすごく楽しい。その人たちのパワーやチャレンジ精神が支えになり、踏み出す勇気をもらったので、頑張って行きたい。」

13. Hold On - The Secret Garden (Gini Benson)

 

《インタビュー:Gini Bensonさん》
色々な思いを持って、何度もSMASH CABARETに出演しているGiniさん。GiniさんにとってSMASH CABARETはどんな場所ですか。
「出てみたい憧れのミュージカル作品はたくさんあるけど、全ての作品に出れるチャンスがあるわけじゃない。SMASH CABARETはずっとやってみたかった役になれるチャンスの場所だと思った。なりたい役になれる場所。」
 

14. Broadway Here I Come by Joe Iconis (木戸口歌穂)

DSCF0249.jpg
《インタビュー:木戸口歌穂さん》
ニューヨークの若手音楽家の作品を歌いYoutubeで配信している歌穂さんですが、歌穂さんが彼らの歌を歌い続ける理由を教えてください。
「単純に好き。彼らの曲を聴くと、指先から体を伝っていって、身体中に何かがはしる感覚があり、それが熱くなっていく。話すのが苦手だけど、曲を通して他の誰かを表現することが自分に合っている。そんなミュージカルの好きさが溢れ、ずっと歌っている。」

15. Look What Happened to Mabel - Mack and Mabel (中西星羅)

 

《インタビュー:中西星羅さん》
ナチュラル・エンターテイナーの素質を持つ星羅さんですが、あなたにとって「人を楽しませる」とは何ですか。
「自分はすごく元気で、いつも有り余るパワーがあり、ミュージカルはそれをみんなにシェアする方法。やりたくないことがあっても、やりたいなと思うようにする、どうやったら面白くできるかなと考える。それがみんなにシェアできたら嬉しい。」

16. Flying Away - FUN HOME (歌詞翻訳:春日希)

17. You Will Be Found - Dear Evan Hansen (歌詞翻訳:春日希)

 

Encore.  Seasons of Love - RENT

SMASH CABARET × Airbnb

民泊サイトAirbnbが観光客向けにイベント、体験、ツアーなどを提供しているのをご存知ですか?

SMASH CABARETはコンセプトとして「ダイバーシティー(多様性)」大切にしており、国籍やジェンダーを超えたイベントをめざしています。

そこで、MC・パフォーマーでお馴染みの Mare Kasuga がホストとなり、Airbnbを通じて、内外の観光客向けに「ローカルのパフォーマーと触れ合える体験」を提供しています。

SMASH CABARET x Airbnb

体験の内容は
1. SMASH CABARETの観劇(英語での説明とVIP席をご用意)
2. 終演後のアフターパーティーへの参加

となっています。

過去に4名のゲスト(アメリカ、韓国、中国から)をホストさせていただきました!

 

S__94593039.jpg

ゲストの方々からも素敵なコメントをいただいています。


“Wonderful experience!! The show is a competition where performers sing songs from musicals and it's really vibrant and cheerful. The participants are extremely skilled - they sing SO well! Would definitely recommend it especially if you like musicals or live performances. Also, Mare is a wonderful host. She's really friendly and always made sure I was having a good time. I had a great time socializing with people at the dinner after the show with the staff.”

“wonderful show that makes a wonderful night!

“It was the best time of my trip to Japan. If you want to feel the emotion of a musical, click now. The host is also so kind.”

韓国で映画監督、俳優として活動している方、アメリカでジャズを勉強している方、パフォーマンスしている人を見ることが大好きという方など、様々なゲストがSMASH CABARETを体験!

帰国後もMareと連絡を取り合い、ミュージカルやエンタメに関する互いの国の情報を交換しているゲストもいるとのこと。SMASH CABARETでの出逢いが国境を越えて広がっていき、それぞれにポジティブな影響を与える。素晴らしいことですね!

旅行などで初めて訪れる街には、知り合いもいなく、なかなかローカルな交流をするのは難しいですよね。でもせっかく日本に来たのなら、ローカルの人たちと触れ合いたいと思っている観光客のゲストの方々に、SMASH CABARETの出演者とスタッフと楽しい思い出を作ってもらいたいという思いです!

そして、出演者とスタッフもいろいろなゲストに出会えることで刺激を受け、どんどん成長していける環境になればいいなと思っています。

S__94593037.jpg

Tokyo Rainbow Pride

SMASH CABARETは、どんな人もより自由に自己表現ができる社会への貢献を目的に、インターナショナルかつLGBTフレンドリーなイベントとして運営したいと考えています。その運動の一つとして、毎年「東京レインボープライド」が主催する、一週間をレインボー(LGBT)なイベントで盛り上げる「レインボーウィーク」にイベントの一つとして参加しています。

 

そもそもLGBTとは?

LGBTはレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字とった、性的少数者を指す言葉。代表的なセクシャリティとして、このLGBTという言葉をよく使いますが、これはあくまでセクシャリティーの一部でしかありません。よく「セクシャリティはグラデーション(レインボー)」と言いますが、その通り、人それぞれその色の濃さが違い、10人いれば10人のセクシャリティがあると思います。

 

参加している東京レインボープライドとは?

世界各地で年に一度レインボーなイベントが開催されていますが、東京でも2014年から始まったのが、この東京レインボープライド。性的指向や性自認のいかんに関わらず、差別や偏見にさらされることなく、より自分らしく、各個人が幸せを追求していくことができる社会の実現を目指すイベントです。イベント最終日には、渋谷の街をレインボーのフラッグと共に5,000人もの参加者数と歩く、レインボーパレードが行われます。

 
 

ミュージカルでも、有名作品「レント」を始めとするLGBTのキャラクターが登場する作品がたくさんあります。4/30の第14回SMASH CABARETでは、出場者が歌う曲をLGBTに関するミュージカル曲に限定し、また日本ではまだ少ない、自身がゲイであることをカミングアウトしたミュージカル俳優のゲストをお迎えし、お送りいたします。SMASH CABARETでミュージカルを通して、ジェンダーについて考えたり、知るきっかけになれば嬉しいです。

Special Guest in July: Lora Nicolas

7月20日(金)の第17回 SMASH CABARETでは、北米ツアーカンパニーで「ミス・サイゴン」 の主役キム役を務め、2014 年ブロードウェイ・ワールド賞で最優秀女優賞を受賞した、ローラ ニコラスさんにスペシャルゲストとして歌っていただくことが決定しました!

 
28378837_1197235697078441_3312654660460484915_n.jpg
 

ローラ ニコラス(Lora Nicolas)
3 歳よりパフォーミングアーツに興味を持ち始め、5 歳より歌とバレエの本格的なトレーニング を積む。米国の名門演劇学校 American Musical and Dramatic Academy(AMDA)にスカラーシッ プ生として入学。卒業後は数々のミュージカルのタイトルロールを務める。「ミス・サイゴン」 の主役キム役を、メーン州、ニュージャージー州、コロラド州公演で務め、2014 年ブロードウ ェイ・ワールド賞で最優秀女優賞を受賞。他、「スペリング・ビー」「ウエストサイドストー リー」「RENT」「Avenue Q」「王様と私」「Flower Drum Song」「Little Women」「You're a good man Charlie Brown」「She loves me」「ドロウジーシャペロン」等に出演。近年では映像の 世界にも興味持ち始め、TV コマーシャルや映画にも出演している。

Winner : Kaho Kidoguchi

12回SMASH CABARETで優勝した木戸口歌穂さん。「お芝居も歌も習ったことはない。舞台に立った経験もほとんどない」という彼女が、トニー賞で名前を呼ばれた理由、そして彼女のYouTube チャンネル「54 Below in Japan」について聞きました。

 
28166837_1194390377362973_2439500721577869472_n.jpg
 

第12回 SMASH CABARET で優勝したのは兵庫から参加してくれた木戸口歌穂(20歳)さん。普段はインターナショナルプリスクールでアシスタントをしている。「お芝居も歌も習ったことはない。舞台に立った経験もほとんどない」という歌穂さんだが、彼女のお芝居はとっても自然で嘘がない。

「54 Below in Japan」というYouTube チャンネルで動画を配信して3年。54 Below とは、ニューヨークの54丁目に位置するキャバレー・レストラン。主にブロードウェイ・スター達や新鋭のソングライター達などがショーを行っている。

54 Belowを歌穂さんが知ったきっかけは、たまたまYouTube関連動画で見た、ミュージカル・シアター・ライターJoe Iconisの曲との出会いだった。Joeの曲に惚れ込み、動画を検索していくうちに、Joeがよく54 Belowという場所で演奏していることを知る。それからJoeやその周りのクリエーター、54 Belowに出演している俳優が好きになり、いつしか「私も54 Belowに出たい!」という夢を持つようになった。しかし、憧れのステージは、ニューヨークで活躍している実力者達だけが立てる場所。経験もコネクションもない彼女が思いついた答えが「家でやろう!」だった。それが彼女のYouTubeチャンネル「54 Below in Japan」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

“54 Below in Japan” by 1997kaho
https://www.youtube.com/user/1997kaho/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

音響や照明、セットがあるわけでもない、生活感がある普通の部屋。友達、こども、相手役はクマの人形。そんな飾らない、自然なところが彼女の最大の魅力だ。そこで日々、ブロードウェイ、オフ・ブロードウェイ作品の曲やJoe Iconisを始めとする New Musical Theatre の曲を歌い配信している。ほとんどはオリジナルのまま英語で、時々自ら訳した日本語歌詞で歌っている。この動画配信を3年前、つまり17歳の頃から行なっているから驚きだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スタッフおすすめ動画
Dear Evan Hansenより「For Forever」(日本語)
日本語歌詞:木戸口歌穂

 
 

彼女のすごいところは、自分で動画を配信するだけでなく、その動画をTwitterを通してひたすらJoeを始めとするクリエーターたちに送るということ。その結果、彼らからも感謝の言葉が届き、輪が広がっていった。
そして去年、念願叶ってNYの54 Belowに実際に足を運ぶことができ、憧れの存在であったJoe Iconisに実際会うことができたのだ。

さらにNew Musical Theaterの作品に魅了された歌穂さんは、それからも自ら歌った動画を撮影し、好きになった作品のクリエーターには積極的に自ら動画を送ってアピールした。

今ではチケットがとれない大人気ブロードウェイ作品「Dear Evan Hansen」もブロードウェイで上演される前から注目していて、ライターのPasek & Paulや俳優に動画を送り、関係を築いていた。彼らがミュージカル「Dogfight」の公演で日本に来た際に会うなど、その関係はただのファンではなく、お互いが影響しあえる仲なのだ。その証拠に、彼女はトニー賞で「Dear Evan Hansen」がベスト・ミュージカルを受賞した、その瞬間に代表でスピーチをしたプロデューサーのStacey Mindichから、日本の大切なファンとして名前を呼ばれた。その後発売された、Dear Evan Hansen公式舞台裏ブックにも大切なファンの一人としてインタビューされ、彼女のコメントが記載された。

その他にも、54Belowで毎年公演しているJoe Iconisと仲間たちのクリスマスショーでは、なんと彼女をモデルにした役まで存在する。本当にニューヨークのクリエーター達から愛されていることがわかる。

そんな彼女のこれからの夢は、やはり54Belowに出ること、彼女が惚れ込んだニューヨークのクリエーター達の作品に出演すること、そして彼らの作品を日本に持って来ること。

今回SMASH CABARET には二度目の出場。お芝居も歌も習ったことがない彼女だが、彼女の演技はどこまで自然体で惹きつけられる。その原動力となっているのが、54 Belowや New Musical Theaterのライターの曲を歌っている俳優たちの動画。自分がいいと思ったものを研究して、習得するのが彼女のスタイル。

優勝した時の感想として、「54 Belowで歌ってる気分だった」と話してくれた。主催側としてそれ以上嬉しいことはなかった。

彼女の活躍にこれからも注目していきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Youtube: “54 Below in Japan” by 1997kaho
https://www.youtube.com/user/1997kaho/
Instagram: @kaho_0325
Facebook: Kaho Kidoguchi